衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

大食い女王決定戦2020の結果まとめ!!優勝者は誰?出場者は?

 

2020年10月2日に放送される「大食い女王決定戦2020」

前回の大会が期待外れに終わったため、今回への期待は大きくなっています。

 

果たして誰が優勝したのでしょうか?

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020出場者

 

【総合MC】高橋みなみ
【ゲスト】伊集院光、パンサー、カミナリ、井戸田潤(スピードワゴン)、チョコレートプラネット
【解説】ジャイアント白田

 

出場者

中澤莉佳子、加納芹香、時任めい、今枝和美

山本梨恵、藤原朋夏、ぽっぽ、鈴木このみ、西愛花

金本朋美、海老原まよい、西岡絵里奈、伊藤真樹

山本梨恵のwiki経歴プロフィール年齢は?結婚旦那は?大食い対決で活躍!!

今枝和美のwiki経歴プロフ結婚して旦那が?高校大学身長体重本名は?大食いで活躍!!

西愛花のwikiプロフ体重年齢高校は?大食いの実力はもえあずと比較してどうなの?

海老原まよい(えびまよ)wikiプロフィール経歴は?年齢と本名:大食いYoutuber

 

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会の流れ

 

今回の「大食い女王決定戦2020」はこちらの流れで進みます。

■ グループリーグ

実力や実績を考慮し、出場者13人を「肉・米・パン」の3つのグループに振り分けて実施。制限時間45分の間に、より多く食べた上位2人が準々決勝へと進出する。また、各グループの3位の中で一番多く食べた者も、敗者復活で準々決勝へ進む。

■ 準々決勝

制限時間60分で、北海道産ニンジンをより多く食べた上位5人が準決勝へ進出する。

■ 準決勝

制限時間60分で、1本2kgの巨大なバーベキュー串をより多く食べた上位3人が決勝への切符を手にする。

■ 決勝

制限時間60分で、蒙古タンメンをより多く食べた出場者が、新女王の称号と優勝賞金を獲得できる

 

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会の結果まとめ

大食い女王決定戦2020大会の結果グループリーグ肉

 

グループリーグ肉

「どん亭」のしゃぶしゃぶ【国産牛】食べ放題45分。上位2名が勝ち上がり

出場者

中澤莉佳子、加納芹香、時任めい、今枝和美

 

最初は低身長の今枝和美さんが、遅れをとりましたが徐々に遅れを取り戻し、ペースを上げてトップ争いに参戦。

東京予選4位の加納芹香さんが、最下位から追い上げて、加納、今枝、中澤でデッドヒート。

結果:今枝28皿で勝ち抜け、中澤と加納が計量勝負で中澤が勝利で準々決勝進出

 

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会の結果グループリーグ米

 

グループリーグ米

「日乃屋カレー」のカツカレー(400g)を45分。上位2名が勝ち上がり。

出場者

山本梨恵、藤原朋夏、ぽっぽ、鈴木このみ、西愛花、

 

藤原朋夏、山本梨恵が最初からペースを上げてほかの出場者を圧倒!!

結果:藤原12皿、山本10皿それぞれ5キロ、4キロ超えと圧倒的な力を発揮して準々決勝進出!!

 

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会の結果グループリーグパン

 

グループリーグパン

ファーストキッチンのクラシックバーガー(200g)を45分

出場者

金本朋美、海老原まよい、西岡絵里奈、伊藤真樹

 

海老原が最初から抜け出し、ハンバーガー19個で勝ち抜け。

2位は西岡で14個でした。

 

・敗者復活はグループリーグ肉の加納芹香さんでした。

 

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会準々決勝

 

敗者から復活した加納芹香を交えた7名で勝負が行われます。

勝負内容ニンジン対決

60分で人参(150g)を多く食べた5名が準決勝進出!!

 

生の人参を何本食べたかで競う対決。

電子レンジや調味料も備え付けなので、どのように食べるかが勝負のカギを握ります。

Youtuberの西岡が早々と脱落、残りの6名で勝負する展開に。

結果1位から6位まで計量勝負

1位山本、2位加納、3位今枝、4位海老原、5位中澤

藤原朋夏がここで脱落

 

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会準決勝

 

勝負内容巨大BBQ串

甲府のアメリカンBBQ「Ajito」の串(2kg)を60分で上位3名が決勝進出

 

ブロッコリー1個、パプリカ1個、パイナップル1個がついた規格外の串。

海老原、中澤が最初から抜け出て、それを加納が追う展開。

結果は海老原3本、中澤2本半、加納2本で決勝進出

スポンサードリンク

大食い女王決定戦2020大会決勝

 

決勝

蒙古タンメン中本60分勝負。具材と麺のみでOK。

 

結果

海老原まよいさんが歴代最高記録15杯で優勝しました。