衝撃㊙情報

ネメシス/菅研(かんけん)の意味は何?美馬芽衣子が伝えたかったこととは?

 

日曜ドラマ「ネメシス」で、各話とは別に大きな縦軸としてある物語。

それが、広瀬すずさん演じる美神アンナの父親、美神始の失踪の話です。

 

今回は、第1話の回想シーンの直前の話が出てきました。

・ネメシス時系列

・ネメシス/美馬芽衣子とは?

・ネメシス/「かんけん」とは”菅研”?

・ネメシス/美馬芽衣子が伝えたかったこととは?

 

スポンサードリンク

「ネメシス」の時系列は?

 

出典:ネメシスHP

 

2001年20年前に何らかの事件が起きた
2002年4月15日美神始の運転する車に、美馬芽衣子と神田水帆が乗車。3人は誰かに追われていた。
2002年4月15日美神始が、赤ちゃんを抱く姿が映る
(栗田・風真の姿も)
2020年10月美神始が葬式に出席し、失踪
2021年4月ネメシス結成

 

赤字が、第2話で明らかになった時系列です。

3人が乗った車を美神始が運転しており、その車は何者かに追われていました。

 

追われていたことに動揺した、美神始が運転を誤り事故を起こし、

そこを駆け付けた栗田・風真に救助されていました。

スポンサードリンク

ネメシス/美馬芽衣子とは?

 

「ネメシス」の美馬芽衣子は、20年前の事件の関係者としか、相関図では明らかになっていません。

しかし、第2話の情報で

・施設「あかぼしの家」で育った。

・「あかぼしの家」には、成人してからフラッと立ち寄ったことがある。

・立ち寄ったときに、「まとまったお金が入りそう」と語っていた。

美馬芽衣子は、「あかぼしの家」を訪れた後、消息を絶っていました。

 

しかし、2002年の回想では、逃走する車に乗り込んでいます。

しかも、お腹が大きくなっており、誰かを身ごもっているみたいでした。

 

そして、救助に駆けつけた栗田に血だらけになりながら

「かんけん…」

と伝えたのです。

スポンサードリンク

ネメシス/「かんけん」とは”菅研”?

 

この「かんけん」について、栗田は

出典:tver

 

「かんけん」を”菅研”と捉えていました。

 

これは、相関図に出てきている「菅容子の研究所」のことでしょう。

 

 

では、菅容子の研究所で何があったのでしょうか?

美馬芽衣子は何を伝えたかったのでしょうか?

 

ネメシス/美馬芽衣子が伝えたかったこととは?

 

美馬芽衣子は栗田に

「かんけん…○○○○○

 

かんけんの後に何か、しゃべっていたのですが、

聞き取れませんでした。

 

「かんぎこく」みたいに聞こえました。

 

時系列で考えると、「まとまったお金

”菅研”から入ってくると考えるべきでしょう。

 

そうなると、美馬芽衣子の赤ちゃんは”菅研”が関係しているのでしょうか?

(※ダジャレじゃありません)

 

また、栗田が1話でDNAに興味を持っていたことから

”菅研”はDNAに関係しているということでしょうか?