衝撃人物

紙の紐で年商7億、たけしのニッポンのミカタで話題!評判はどうなの?松田社長は結婚している?

11月2日のたけしのニッポンのミカタ

紙の紐年商7億を達成した企業が特集されます。

 

この記事は、紙の紐年商7億を達成した企業の

評判。

社長である松田社長について、知りたい人に向けて

書きたいと思います。

 

1.紙の紐で年商7億、どうして達成できたの?

 

2.紙の紐の評判は?

 

3.松田社長は結婚している?調べてみた

スポンサードリンク

紙の紐で年商7億、どうして達成できたの?

 

紙の紐年商7億を達成した企業は、株式会社エムズファクトリーと言います。

 

もともと、社長である松田さんは、主婦をしており

長男の同級生に、クラフトハンドでバックを編もう

という、教室に誘われたそうです。

 

そこで、材料費500円で、籠を作ったときに、とても感動したようです。

「たった2時間でこんなものが作れるなんて!」

 

その後、引っ越しがあり、新しい土地に行った際に

その籠の編み方を教えてほしいと言われ、教えるようになりました。

 

しかし、教えるために材料費が足りないため、お金をもらって教えるようになったのですが…

 

しばらくすると、それをやっかんだ人から、陰口やいじめをうけるようになったのです。

 

これを聞いて、どう思いますか?

私は「ひどい話じゃないか」と思いました。

 

頼まれて教えていて、多少のお金をもらっていただけなのに

陰口をたたかれて、しかも子供までいじめを受けたようです。

 

そこで、松田社長だったら会社にしてやろう」と思ったそうです。

 

「中途半端に個人でやるよりも、会社にして組織で、作業すれば、やっかみもなくなるだろう」と考えたようです。

 

そこから、株式会社エムズファクトリークラフトバンドエコロジー協会

同時に立ち上げました。

 

クラフトバンドエコロジー協会は、クラフトバンドの編み方を

100通りできるようになる、講師設立のための協会です。

 

松田社長は、独学で、編み方を開発したそうです。

 

話を調べてみて、やはり行動力がちがうなと思います。

普通の人は、ここまでできませんから

 

なるべくして、年商7億になったのかと思います。

スポンサードリンク

紙の紐の評判は?

 

エムズファクトリーで作っている、クラフトバンドの評判を

調べてみました。

 

評判は、なかなか良かったです。

 

やはり、クラフトバンドの専門ショップなので

 

100均と違って、デザインやカラーにこだわった商品が

あって助かるという意見が多かったです。

 

出典:楽天市場

 

こんなパステルカラーまであるなんて

多種多様ですよね。

 

しかも、値段が非常に安いと感じました。

 

この商品は、12本、10mで税抜き178円という価格でした。

紙の紐だから、そこまで高くないと言えば、それまでですが

スポンサードリンク

松田社長は結婚している?調べてみた

 

実は、松田社長は、離婚されているのです。

 

これは、なぜかというと、前の旦那が

松田社長の自営業に対して、あまりいい感情を

持っていなかったためと自分でおっしゃっています。

 

でも、離婚した後は良好な関係を築けているそうですよ。

 

 

ちなみに、松田社長は離婚したことを

 

「夫を断捨離した」と言っています。

 

カッコいいですね。

 

こんなふうに、いさぎよく生きたいものです。

スポンサードリンク

まとめ

 

松田社長は、クラフトバンドを作ったときの感動を

人に教えることで、ビジネスチャンスを発見し

 

持ち前の行動力とバイタリティーで問題を解決した

のだと思います。

 

ただ、松田社長本人は、自分のことを「もともと、何をしても続かない、

すぐ弱音を吐く」人間だったと言っています。

 

ただ、今は会社を守るために戦うのは、自分しかいないと思い

ケンカもする覚悟で仕事しているそうです。

 

もし、これが本当ならば、人は好きなもののためならば変われる

ということになりますよね。

 

私はそう感じました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました