衝撃人物

すしざんまい社長の現在‼経歴が凄くてコロナで死亡説が出ている理由は?

 

両手を開いたポーズで有名な「すしざんまい」社長木村清さん。

毎年お正月に鮪を競り落とす姿でも話題ですよね。

今回は、そんなすしざんまい社長について

・現在はどうしているのか?

・コロナで死亡説が出ているのか?

・すしざんまい社長の経歴が凄い

について調べてみました。

 

 

【結論】すしざんまい社長の現在とコロナでの死亡説

 

先に結論から述べておくと

 

すしざんまい社長木村清さんは現在も社長をされています。

よって

コロナでの死亡説といったものは存在していません。

 

では、なぜ検索すると、予測で出てくるのでしょうか?

 

 

 

【なぜ】すしざんまい社長のコロナと死亡説

 

すしざんまい社長木村清さんは

コロナどころか重大な病気にかかった話も出てきません。

 

お店である「すしざんまい」はコロナにより

営業自粛などの大きなダメージを受けています。

 

また、すしざんまい社長には”病気”という予測キーワードもあるので

こちらから死亡説が出てきたのかもしれません。

 

 

 

すしざんまい社長の現在は?経歴が凄い!!

 

名前:木村清

生年月日:1952年4月19日

年齢:69歳(2021年現在)

 

すしざんまい社長は

とても数奇な経歴を持っており

中学卒業後、自衛隊に入りパイロットを目指す

しかし

目の怪我により断念中央大学に入学し

司法試験合格を志します。

 

試験勉強の傍らアルバイトで魚の仲介人を行い

そのまま入社します。

その後独立し、幅広く事業を行いますが

バブル崩壊で倒産。

その後に開いたのが「すしざんまい」になります。

 

最終的にはアルバイト時代のコネが

現在に繋がっているということです。

 

 

 

すしざんまい社長の現在とコロナの死亡説のまとめ

 

御年69歳のすしざんまい社長木村清さん。

コロナも死亡説も関係なく、

現在も社長業を務めていらっしゃいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。