衝撃!!世界の日本の事件

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の大和田の家族の現在は?本名は小田嶋透?

 

7月1日放送の「アンビリバボー」

今回は、誘拐された証券マンの事件が放送されます。

 

果たして、どんな事件だったのでしょうか?

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の概要は?

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の元となった事件は?

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の始まり

アンビリバボー/誘拐事件の結末

アンビリバボー/証券マン詐欺事件の結末

大和田聡(小田嶋透)の家族の現在は?

 

 

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の概要は?

 

今回の放送に先駆けて、「アンビリバボー」から出ている予告がこちらです。

「主人が誘拐されたんです。どうか助けてください。」ある女性が警察を訪れた。彼女いわく、夫が警視庁を名乗る男と一緒に出ていったきり、帰って来ないというのだ…。夫の名は大和田聡(仮名)。その名を聞いた刑事たちは動揺を隠せなかった。この事件の数カ月前、証券マンの男が顧客から大金を騙し取り、失踪するといった事件が発生していたのだが、大和田はこの事件の重要参考人であり、捜査二課によってマークされた人物だったのだ。警察は姿を消した大和田の捜索を本格的に開始。その矢先、妻の自宅に封書が届いた。なんとその中には、切断された大和田の指が入っていたのだ。謎が謎を呼ぶ事件…。真相を解明すべく、捜査一課のエース刑事が立ち上がった!

出典:「奇跡体験アンビリバボー」公式HP

 

こちらの予告は、名前が仮名であったりと、

どうやら一部ぼやかして放送されるようです。

 

では、元となった事件はどのようなものなのでしょうか?

 

 

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の元となった事件は?

 

7月1日放送の「アンビリバボー」の元となった事件がこちらです。

『虚飾のデザイナー小田嶋透事件』

 

大和田は、小田嶋という本名で、職業は自称デザイナーでした。

一体どんな事件だったのでしょうか?

 

 

アンビリバボー/証券マン詐欺誘拐事件の始まり

 

1996年11月4日。

大和田の妻が渋谷警察署を訪れ、

・1か月ほど前の9月25日から夫が帰ってこない

・自宅に脅迫文と身代金五千万を要求する電話がかかってきた。

 

しかし、大和田は警察が別に調べていた事件の重要参考人だったのです。

 

 

 

大和田が重要参考人になっていた事件とは?

 

その事件は、

今回の誘拐事件の半年前に、

ある証券会社の課長代理が5人の顧客から4億5千万を集め、失踪したという事件でした。

 

大和田は、その課長代理に指示をして

4億5千万を集めさせた男として、重要参考人になっていました。

 

 

 

 

アンビリバボー/誘拐事件の結末

 

大和田の家には、警察がはりこみをして、

犯人に繋がる手がかりを探していました。

 

しかし、犯人に警察の動きがバレた結果

報復として大和田の物と思われる指が送られてきました。

警察は、この行動から

身代金目的の犯人は大和田を病院に連れていくはず

と考え、しらみつぶしに病院を当たります。

 

そのうちの一つから、指のない男性が女性に付き添われて訪れた、ことをつかみます。

病院の問診票から大和田の指紋が見つかると

警察は、誘拐を大和田の自作自演と断定し、大和田を指名手配しました。

 

アンビリバボー証券マン詐欺誘拐事件の真相は?

1 2