衝撃人物

ノンフィクション/能津喜代房(のづきよふさ)遺影写真家のプロフィール経歴は?

 

12月5日に放送される「ノンフィクション」

今回取り上げられるが、遺影写真家の

能津喜代房(のづきよふさ)さんです。

 

一体どんな人物なのでしょうか?

能津喜代房のプロフィールは?

能津喜代房の経歴は?遺影写真家となった理由は?

について調べていきます。

 

 

 

能津喜代房のプロフィールは?

 

出典:仕事旅行

名前:能津喜代房(のづきよふさ)

年齢:73歳(1948年生まれ)

出身地:山口県

学歴:東京工芸大学卒業

 

能津喜代房(のづきよふさ)さんは

今年73歳の写真家です。

高校については不明ですが、

大学から上京し、

東京写真大学短期大学部(現在の東京工芸大学)を卒業しています。

ちなみに、東京工芸大学の偏差値は

37~45となっています。

 

現在は、遺影・肖像写真中心

「素顔館」を開き、館長を務めています。

 

では、どうして遺影写真を中心とすることを

能津喜代房さんは決めたのでしょうか?

 

 

野津喜代房(のづきよふさ)の経歴は?遺影写真館を開いた理由

 

野津喜代房(のづきよふさ)さんは

東京工芸大学を卒業後資生堂の宣伝部に入社します。

 

資生堂で経験を積んだ後、

フリーのカメラマンとなり

「朝日広告賞」部門賞を1990年

「ニューヨークADC賞」銅賞を2002年

に受賞しています。

 

そうして仕事に邁進しながら結婚もし

義父が亡くなってしまいます。

この時、遺影となる写真が一枚もありませんでした。

この出来事をきっかけに、野津喜代房さんは

遺影写真専門の写真スタジオを開いたのです。

能津喜代房が遺影写真のスタジオを開いたのは

写真家だった自分が大切な人の遺影写真を撮ることが

出来ず、その後悔を人にさせないため

 

 

 

能津喜代房のまとめ

 

「ノンフィクションで」密着取材を受ける

遺影写真家能津喜代房(のづきよふさ)さんについて

まとめました。

少子高齢化で葬式が増える現代にピッタリな

写真館ですが、個人の想いが発端となってできたのですね。

能津喜代房のまとめ

1:能津喜代房は2021年に73歳となる遺影写真家

2:能津喜代房は義父の遺影写真が撮れなかった後悔から

遺影写真館を始めた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。