衝撃人物

宮竹貴久の高校大学年齢は?偏差値39からの大逆転とは?

 

日本の昆虫研究の第一人者

宮竹貴久(みやたけたかひさ)教授。

 

意外なことに学生時代の勉強はあまりできず

偏差値39だったようです。

宮竹貴久のプロフィール年齢は?

 

出典:ライブドアニュース

生年月日:1962年2月22日

出身地:大阪府

 

岡山大学の大学院環境生命科学研究科で教授を務めている生物学者です。

昆虫の死に真似を制御する遺伝子群の発見などで知られています。

 

年齢は現在59歳となっています。

 

宮竹貴久の高校大学は?

 

宮竹貴久さんは大阪の高槻高校を卒業しています。

高槻高校卒業後は沖縄の琉球大学に進学しています。

 

高槻高校は偏差値68の名門校です。

どうやら偏差値39とは琉球大学のことを指しているようです。

 

高校は名門校ということですので

どこかで挫折があったのでしょうか?

そのあたりも説明があるかもしれません。

宮竹貴久の経歴は?

 

宮竹貴久さんは

大阪の高槻高校から琉球大学に進学後

琉球大学の大学院で昆虫学を専攻して修士課程を修めます。

そして沖縄県庁に就職。

沖縄県農業試験場研究員からロンドン大学の客員研究員となりました。

 

岡山大学の助教授となったのは

琉球大学を卒業してから16年後と、かなりの年月がかかっています。

 

昆虫が好きでたまらないことが経歴からもわかると思います。