衝撃人物

伊藤洋輝のプレースタイルは?スピードも身長もあってポジションはどこ?

 

かつては海外に行く選手は

香川真司選手や本田圭佑選手のようなMFが中心でした。

しかし、最近は冨安健洋選手に代表される

DFの海外進出が進んでいます。

 

今回は渡独してすぐにブンデスリーガで結果を出している

伊藤洋輝(いとうひろき)選手について

・伊藤洋輝のプレースタイルは?

・伊藤洋輝の身長・体重プロフィールは?

・伊藤洋輝はスピードも高さもあってDF向き?

調べてみました。

 

 

 

伊藤洋輝のプレースタイルは?

 

出典:goal.com

伊藤洋輝選手は、所属するシュツットガルトでは

スリーバックの左など守備的なポジションで多く使われています。

しかし、もともとはボランチの選手だったことから

ボール扱いが上手く、相手のプレスに動じない

貴重な左利きで精度の高いボールが蹴れる

身長も高く足も速い

DFだけじゃなく、MFもできるなどユーティリティー性も兼ね備える

といった特徴を備えています。

 

今後、冨安選手のアーセナルのように

プレミアリーグへの挑戦も視野に入ってくるかもしれません。

 

 

 

伊藤洋輝の身長・体重プロフィールは?

 

伊藤洋輝選手のプロフィールはこちらです。

名前:伊藤洋輝

身長:186㎝

体重:78㎏

生年月日:1999年12月5日

 

年齢は2021年で22歳となります。

これは冨安選手の1歳下であり、2人とも

東京オリンピック世代でした。

 

 

 

伊藤洋輝はスピードも身長もあってDF向き?

 

日本にいたときはJ2のジュビロ磐田でプレーしていた伊藤洋輝選手。

J1の名古屋グランパスに期限付き移籍もしていますが

レギュラーは勝ち取れませんでした。

 

ではどうしてブンデスリーガで通用しているのでしょうか?

伊藤洋輝選手は

世界的にも貴重な左利きのDFであり

大型(186㎝)、スピードもある

かなりのハイスペックなタレントです。

 

特にスピードに関してはトップスピード34.73km

でブンデス全体(FWも含めた)でも27位となっています。

DFとしてはトップクラスのスピードです。

 

さらにDFやボランチとしてプレーできるという

ユーティリティー性も備えています。

現在は3バックの左ですが、今後左サイドバックやセンターバックも任されるかもしれません。

 

 

 

伊藤洋輝のまとめ

 

ブンデスリーガでブレイクしている

DF伊藤洋輝選手についてまとめました。

現代サッカーにマッチしたDFとして、今後市場でも注目されそうですね。

伊藤洋輝のまとめ

・プレースタイルは左利きで攻守に穴のないDF

・高身長でスピードもありDFに向いている選手

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。