衝撃ニュースシアター
衝撃人物

五十幡亮汰の母親の手紙の内容や死因は?陸上の記録は何秒?wikiプロフィール

 

10月26日に開催される「プロ野球ドラフト会議」

そこで指名確実と言われているのが、中央大学の五十幡亮汰(いそばたりょうた)選手です。

 

五十幡選手は、陸上で有名なサニブラウンに勝った選手として有名ですが、それ以外にも母親を亡くされているようです。

一体どんな選手なのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

 

五十幡亮汰とは?

プロフィール

 

 

生年月日:1998年11月27日

出身:埼玉県

身長:172cm

体重:67kg

 

右投げ左打ち、俊足巧打の外野手です。

特徴は陸上選手と比較してもそん色ない脚の速さです。

脚が速いだけでなく、盗塁も上手く、春までのリーグ戦で20盗塁を決めています。(春はコロナウイルスにより中止)

 

スポンサードリンク

五十幡亮汰の経歴は?

 

五十幡亮汰選手の学歴はこちらです。

 

行田市立行田東小学校

行田市立長野中学校

佐野日大高校

中央大学

 

小学校1年から行田東フェニックスというチームで野球をはじめ、中学校では脚の速さを活かして陸上部に所属しながら、東京神宮シニアで野球を続けました。

高校は佐野日大高校に進学。

残念ながら甲子園には出場できませんでした。

 

中央大学に進学後は、1年生の春からレギュラーを獲得し、センターとして活躍しています。

スポンサードリンク

五十幡亮汰の母親の手紙とは?死因は?

陸上選手としても大成する道があった。

 

順風満帆にみえる五十幡選手ですが、陸上選手としても大成する道が見えていました。

中学生の時に野球との二足の草鞋ながら、全国大会で2冠を達成しているのです!!

 

そのため高校進学の時には、陸上推薦の高校も何校か声をかけてきたようです。

しかし、五十幡選手は迷いませんでした。

 

スポンサードリンク

母親の手紙

 

五十幡選手には、母親からの手紙があったのです。

 

五十幡選手の母親は、五十幡選手が野球をする姿が好きで、我が子の活躍を大喜びしていました。

しかし、五十幡選手の母親は末期ガンに侵されていました。

 

五十幡選手の母親は、五十幡選手が小学校3年生のとき、一時帰宅で我が子の隣で息を引き取りました。

残された手紙には

 

『お母さんは野球をしている亮汰が大好きです。頑張ってプロ野球選手になってください』

五十幡選手は野球選手になることに迷いはありませんでした。

スポンサードリンク

五十幡亮汰の陸上の記録とは何秒?

 

五十幡選手は中学校3年生の陸上全国大会、あのサニブラウン選手を抑えて優勝しています。

しかも、100mと200mの2冠です。

 

そのタイムはこちらです。

100m:10秒92

200m:21秒81

 

参考に、今年(2020年)の男子中学生陸上100m、200mの記録は。

10秒87と21秒84でした。

 

陸上選手としての五十幡選手も見てみたくなりますね。

五十幡亮汰の家族構成は?父親と姉がいる?年齢は? 10月26日の「プロ野球ドラフト会議2020」 指名が有力な選手の一人が、五十幡亮汰(いそばたりょうた)選手です。 ...