衝撃人物

伊賀崎俊の現在?大学はどこ?プロフ経歴は?ホーム転落から人命救助:世界仰天ニュース

 

11月3日の「世界仰天ニュース」

2009年、駅のホームに人が落ちる線路転落事故から、人命を救った伊賀崎俊さんの話が放送されます。

当時伊賀崎俊さんは大学生。

 

気を付けていても、とっさの状況では体が動かないなんてことはよくあります。

そんな状況で、どうして伊賀崎さんだけ救助に動けたのでしょうか?

スポンサードリンク

伊賀崎俊とは?

プロフィール

 

 

名前:伊賀崎俊(いがさきしゅん)

年齢:39歳

生年月日:1981年6月12日

出身地:京都府

 

伊賀崎俊は難聴だった!?

 

伊賀崎俊さんは、生後8か月で「感音性難聴」と診断されました。

感音性難聴とは…耳の中の「感音器」という部分に障害が起こる難聴。

聞こえる音が限定されたりと、補聴器が必要な生活になることも

 

伊賀崎さんは小さい頃から補聴器が手放せず、人に助けられて生きてきたため、「自分の身は自分で守りたい」とコンプレックスを持っていました。

 

スポンサードリンク

伊賀崎俊の大学は?

 

伊賀崎さんの大学は「筑波大学附属聴覚特別支援学校」です。

 

この学校で伊賀崎さんは読唇術を学びました。

それだけでなく、社会に出たときに不安をぬぐうため、大学で「災害救援ボランティア講習」を受けていました。

スポンサードリンク

伊賀崎俊がホーム転落事故から救助したエピソード

 

2009年の9月4日午前0時20分。

 

伊賀崎さんは家庭教師のアルバイト帰りに、「私鉄・北総線新鎌ヶ谷駅」にいました。

電車が5分遅れており、伊賀崎さんは携帯電話をいじっていました。

 

すると、目の前の男性が酔っていたのかふらついており、ホームから転落してしまいました。

すかさず、伊賀崎さんが線路に降りると、別の乗客も降りてきてくれました。

 

二人で何とか転落者をホームに押し上げて、伊賀崎さんは名前を告げず、その場を去りました。

 

半月後、男性の家族からお礼の電話がかかってきました。

 

スポンサードリンク

伊賀崎俊の現在は?

 

伊賀崎俊さんは現在、外資兼証券会社に勤務するとともに、一般社団法人「レプロ東京」で代表理事兼監督を勤めています。

 

伊賀崎さんは、サッカーを小学1年から続けており、聴覚障碍者のサッカー、フットサルのデフサッカー、デフフットサルで日本代表になった経験があります。