衝撃!!世界の日本の事件

ベッキーとコートニーの物語に感動‼現在は?父親はどうなったの?:世界仰天ニュース

 

4月5日の「世界仰天ニュース」

4時間スペシャルとして、過去に放送した映像を中心に番組が構成されているようです。

その放送で、紹介されるのが、イギリスで感動を呼んだストーリーです。

 

一体どんな話なのでしょうか?

 

ベッキーとコートニーの物語:世界仰天ニュース

 

ベッキーウィリアムソンという当時13歳の女性が、妊娠したことから物語が始まっていきました。

ベッキーは、妊娠したことに気づいてはいましたが、親に話すことはできません。

 

結局、妊娠8か月でお腹が目立つようになってから、両親にバレてしまいます。

 

しかし、中絶するには遅すぎた結果、産むしかなくなります。

その結果生まれたのが、女の子のコートニーでした。

 

スポンサードリンク

ベッキーに余命宣告が!!

 

当初は、仕方なく子供を産んだベッキーでしたが、お腹が大きくなり、赤ちゃんが動くさまを感じ取れるようになると、母性が芽生えます。

そして、コートニーを育てる決意をします。

 

しかし、それから数か月、ベッキーが14歳になった時。

足に腫瘍が出来てしまいます。

 

検査の結果は骨肉腫、余命1年の宣告を受けてしまいました。

もう、我が子のそばにいられない、と悟ったベッキーのとった行動は?

 

スポンサードリンク

ベッキーがコートニーに残したものとは?

 

ベッキーは余命1年と聞かされた時点で、「自分は、この子の成長を見届けられない」と悟りました。

そこで、「せめて、自分がいかに愛していたかを伝えたい」と思い立ち、ビデオに撮って、残すことにしたのです。

 

こうして、ベッキーウィリアムソンさんは、ビデオにたくさんの気持ちを残して、16歳でこの世を去りました。

 

では、コートニーの現在は?どうしているのでしょうか?

 

スポンサードリンク

コートニーの現在は?

 

コートニーは12歳の段階では、ベッキーの叔母夫婦に育てられていました。

ベッキーの彼氏だった、一つ上の男性が一時は引き取っていたという情報もありましたが、違ったようです。

現在のコートニーは20歳で、元気に暮らしているようです。