衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

ポツンと一軒家富山県の三浦さんが大使館から山奥で店を開いた理由は?

 

4月5日の「ポツンと一軒家」では元ニュージーランド大使館で働いていながら、現在は富山県の山奥で店を開いている三浦さんが登場します。

管理人
管理人
どうして山奥で店を開いているの?

 

そこが気になったので調べてみました。

 

三浦さんの店八十八(やとはち)についてはこちら

ポツンと一軒家富山県東部の店八十八(やとはち)の場所は山奥のどこ? 4月5日の「ポツンと一軒家」では、番組で初めて富山県が特集されます。 捜索隊が訪ねるのは富山県東部なのですが、そこは空き家...

スポンサードリンク

ポツンと一軒家富山県の三浦さんが山奥で店を開いた理由は?

 

三浦さんは30歳でニュージーランドの日本大使館で働き始め、6年働きました。

その後2年間は世界各国のリゾートで働いていました。

しかし、富山県のお母さんから「ハハキトク スグカエレ」という電報を受け取り、38歳で帰国したのです。

管理人
管理人
大丈夫だったの?

 

お母さんは元気でした。

管理人
管理人
それはよかった。

 

そこから、富山で働き始め、40歳のときに八十八(やとはち)をオープンしました。

八十八は四国の八十八か所から命名したようです。

シアターくん
シアターくん
弘法大師の水を使っている繋がりから、命名したようです。