衝撃ニュースシアター
衝撃!!世界の日本の事件

バーバラ(アメリカ大富豪令嬢)が83時間生き埋めに!!誘拐犯人のゲイリー(IQ143天才科学者)の現在?:ワールド極限ミステリー

 

11月13日追記

11月13日の「ワールド極限ミステリー」では、何と!!83時間も生き埋めにされたアメリカの大富豪令嬢バーバラが登場します。

犯人はIQ143もある天才科学者のゲイリーという男らしいのですが、一体何の目的で、どんな道具を利用してバーバラを生き埋めにしたのでしょうか?

スポンサードリンク

バーバラ(アメリカ大富豪令嬢)がゲイリー(IQ184の天才科学者)に誘拐!!:ワールド極限ミステリー

 

1986年、当時20歳のバーバラ・ジェーン・マックルは、マイアミで有名な億万長者ロバートF.マックルの娘であり、容姿端麗でもあったため、何不自由ない暮らしを送っていました。

1968年の12月17日、バーバラは、インフルエンザで学校を休み、母親に看病してもらっていたのですが、夜遅くに、ドアを叩く音がしました。

警察です!!(バーバラの彼氏が)自動車事故に巻き込まれました!!

 

すぐさま、ドアを開けたバーバラの母親は、ショットガンを持った二人組に脅迫を受けます。

そして、バーバラさんだけ誘拐されてしまったのです!!

 

※追記

バーバラは母親にホテルで看病されていたみたいです。

 

この誘拐した犯人こそが、IQ184の天才科学者ゲイリーと彼のガールフレンドでした。

管理人
管理人
おそらく、犯人はバーバラのことを入念に調べていたよね。
シアターくん
シアターくん
そうですね。
でないと、バーバラに彼氏がいるなってわからないですから
管理人
管理人
でも、母親がにいるのは予想外だったろうな。
インフルエンザにかかっているなんてわからないから

スポンサードリンク

ゲイリー(IQ184の天才科学者) はバーバラ(アメリカ大富豪令嬢)を生き埋めに!!:ワールド極限ミステリー

 

ゲイリーバーバラさんを車に押し込んで森に連れていき、箱に押し込み、土の中に埋めました。

箱はグラスファイバーで補強され、中からは壊せないようになっており、ゲイリーは箱の中に食べ物、水、毛布、電池式の照明と換気扇、そして雨が降った場合に水を取り除くためのポンプを入れて、バーバラさんの身の安全も一応考えていました。

そして、バーバラさんの家族に身代金を要求したのです!!

 

ゲイリーバーバラさんの家族に対して、50万ドル(日本円で約5000万)の要求をしたうえで、2つの条件をつけました。

スーツケースは一つ、受け渡しは父ロバート一人
条件に同意したときは、新聞に文面を掲載する
シアターくん
シアターくん
スーツケースを一つにしたのは、受け渡し後の逃亡を考えると頭が良いですね。
管理人
管理人
どうして一つだといいの?
シアターくん
シアターくん
複数だとかさばって、持ち運びに不便ですし、車で来ていた場合、トランクに入らないかもしれないので
管理人
管理人
でも、そもそも頭がいいなら誘拐なんてしないよね
シアターくん
シアターくん

スポンサードリンク

 バーバラが入っていた箱とはどんなもの?

 

バーバラさんが入っていた箱は、1週間持つ電気、外の空気を取り入れる換気扇、地下水が流れ込んできたときに、汲みだすポンプなどの設備を整えた、棺桶のような形でした。

箱には水と食べ物だけでなく、精神安定剤まで用意されていました。

ただし、バーバラさんはゲイリーから、電気は1週間しかもたないと言われていました。

スポンサードリンク
 

ゲイリー(IQ184の天才科学者)の計画とバーバラ(アメリカ大富豪令嬢)の安否は?:ワールド極限ミステリー

 

11月13日追記

状況の描写が間違っていたので、訂正して書き直しました。

 

このとき、バーバラの父親は警察に連絡しておらず、身代金の受け渡しは順調に進むかと思われました。

しかし、いざ、身代金のやりとりをしようと、バーバラの父親が森に行くと、おそらくゲイリーともめたのでしょう。

近所の人に警察を呼ばれてしまったのです!!

 

計画というのは、どれだけ完璧に見えても上手くいきませんよね。

今回のゲイリーはバーバラさんの父親の、”金を渡すから、娘を返せ”という気持ちによる、必死の訴えにより、計画が破綻したのだと思います。

 

近所の人により、警察が呼ばれたことで、誘拐事件は警察にばれてしまいました。

しかし、ゲイリーはさすが、IQ184の天才です。

何と2回目の金の受け渡しを成功し、見事お金を手に入れたのです。

スポンサードリンク
 

(追記)バーバラを生き埋めにしたゲイリー、身代金の受け渡しが上手くいかなかった理由は?:ワールド極限ミステリー

 

バーバラの父親は犯人の要求に従い、身代金の受け渡しを行おうとしました。

受け渡しの際には、警察にも動くなと言っており、それは上手くいくはずでした。

しかし、それは失敗しました。

 

なぜなら、犯人のゲイリーが地元の警察に声をかけられ逃げたからです。

 

バーバラさんの事件を担当していたのはFBIだったため、地元の警察と情報共有をしておらず、警察は身代金の受け渡しを知らなかったのです。

ただ、バーバラさんの父親は、娘のことを諦めず、ラジオを使って犯人に訴えかけたため、犯人は再度身代金の受け渡しを要求してきました。

管理人
管理人
アメリカでも、警察内部の上下関係ってあるんだね。
シアターくん
シアターくん
上下関係ではないですけど、警察ごとに追っている事件は違うのかもしれませんね。

スポンサードリンク

バーバラ(アメリカ大富豪令嬢)はゲイリー(IQ184の天才科学者)によって83時間生き埋めに!!その安否は?:ワールド極限ミステリー

 

ゲイリーは2度目の身代金の受け渡し後、警察に逮捕されました。

警察は、ゲイリーからバーバラさんを埋めた場所の位置を聞き取り、その付近を全員で捜索しました。

その場所は山の中で、とてつもない広さでした。

しかも、バーバラさんはその時、生き埋めにされてから、83時間も経っていたのです。

 

83時間、3日で72時間なので、閉所恐怖症の人なら気が狂ってしまうかもしれません。

しかも、インフルエンザにかかっていましたからね、バーバラさんは、

 

当然捜索は難航しましたが、警官の一人が、地面の中から箱をたたくような音を聞き取りました。

慌てて、そこを素手で掘っていくと、見事バーバラさんが元気に出てきたのです!!

(バーバラが実際に入っていた穴)

次ページ:バーバラを誘拐したゲイリーの現在とは?

1 2