衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

たけしのニッポンのミカタで特集!東京洋傘とは?どこで買えるの?評判は?

皆さんこんにちは。

 

私の弱点の一つに不器用というものがあります。

そのせいかわかりませんが、職人や伝統の一品、といった一点ものへのあこがれがすごくあります。

 

特に最近は、機械による大量生産を見直そうという兆しもあり、伝統的な職人に対する注目も強くなっています。

 

10月19日にテレビ東京系列で放送される「たけしのニッポンのミカタ」で、東京洋傘という伝統工芸品が特集されます。

 

今回の記事では、この東京洋傘の特徴、そしてどこに行けば変えるのかについて記事を書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク
 

 

東京洋傘とは?どんな傘なの?

 

東京洋傘とはどんな傘なのでしょうか?調べてみました。

 

東京洋傘は、東京都が11年ぶりに指定した伝統工芸品のようです。

 

もともと西洋傘は日本では作っていなかったみたいですが、東京の職人が試行錯誤の末、日本製の西洋傘を作り、今でもその伝統的手法を受け継いでいる傘を東京洋傘と呼んでいるようです。

 

値段は、調べたところ、1本2万5千から1万ぐらいの値段でした。

 

出典:楽天市場

 

傘に2万と聞くと、尻込みしてしまいますが、作りもしっかりしていますし、このように柄も凝ったものになっています。

 

そして、一般的な傘は、工場で大量生産していますが、東京洋傘は職人の手で1本、1本手作りしています。

 

1本作るのにかける手間暇を考えたら安いかもしれません。

 

 

スポンサードリンク
 

 

東京洋傘はどこで買える?評判は?

 

東京洋傘はどこで買えるのでしょうか?

 

調べたところ「小宮商店」という日本橋の店で買うことができるようです。

 

実店舗以外だと、楽天市場で購入できます。

※amazonでも傘は売っていますが、amazonでは、小宮商店が選んだ海外製の傘を売っています。日本製の傘は、楽天市場でしか売っていないようです。

 

レビューを見てみると、丈夫で軽い、素材がいいので、雨に濡れると、キラキラ光る。という評価が多かったです。

 

評価を低くつけた人のレビューも見てみましたが、傘の質ではなく、サービスや大きさについてのものが大半でした。

 

質については、保証できるものになっていると私は判断しました。

 

また、小宮商店さんでは、傘の修理も行っているので、1本の傘を一生使い続けることができます。

 

私も、今はコンビニのビニール傘を使っているんですが、忘れてきたり、傘置きに入れると、どれが自分の傘なのかわからなくなったりします。

一度、自分の目で見て、購入の検討をしてもいいかな、と調べてみて思いました。

 

 

まとめ

 

1.東京洋傘は職人の手で、1本、1本手作りで作られている伝統工芸品

 

2.東京洋傘は小宮商店で購入可能。ネットでは楽天市場、実店舗は日本橋に店を構えている。傘の質については、折り紙つき

 

以上になります。

 

東京洋傘は、作るのに技術が必要なので、後継者の問題もあるようです。

 

今後も末永く、皆から愛される傘の伝統が続いていってくれるといいな、と思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。