衝撃ニュースシアター
衝撃!!世界の日本の事件

アルロサ航空事故セルゲイソトニコフの活躍と現在は?イジマ空港を整備していた理由は?

 

8月8日の「奇跡体験アンビリバボー」でロシア上空で起きた、飛行機事故について放送があります。

事故の全容と、事故で有名になったもう一人の英雄について驚きのエピソードがあったのです!!

 

そこで、「奇跡体験アンビリバボー」で放送されるロシアのアルロサ航空事故と、その事故で思いもかけず、英雄になったセルゲイソトニコフについて調べました。

 

スポンサードリンク

アルロサ航空事故とは?

 

2019年8月8日の「奇跡体験アンビリバボー」で放送されるロシアの航空事故はアルロサ航空514便で起きました。

 

この事故は、2010年9月7日にロシア上空で起きました。

その時、飛行していたアルロサ航空の514便に、電気系統の問題が発生して、アルロサ航空514便30分の飛行時間を残すのみとなってしまったのです!!

 

近くに飛行場はなく、不時着は不可能だったので、死を覚悟しましたが、奇跡的に2003年に閉鎖されたイジマ空港が、使用できたため、乗客81人は助かりました。

 

幸いにも、誰も犠牲になることなく無事だったのですが、一つ疑問が残りますね。

 

なぜアルロサ航空514便はイジマ空港に不時着できたのか?

 

というのも、2003年にイジマ空港は閉鎖されていたのです滑走路は使えない状況になっていると考えるのが普通でしょう。

 

そこが、今回のアンビリバボーなところのようです。

 

スポンサードリンク

イジマ空港が使えた理由は?セルゲイソトニコフについて

2010年に起きたアルロサ航空事故で、不時着したイジマ空港は、2003年に閉鎖されていました。

 

そのイジマ空港が使用できた理由は、イジマ空港で働いていたセルゲイソトニコフという人が、「閉鎖後も滑走路の草木の整備をしていたから」というのが理由です。

 

しかし、ここでさらに疑問が出てきます。「なぜセルゲイストニコフは、閉鎖後もイジマ空港の滑走路の整備をしていたのか?」という疑問です。

 

スポンサードリンク

セルゲイストニコフがイジマ空港の整備をしていた理由は?

2010年に起きたアルロサ航空事故で、セルゲイソトニコフがイジマ空港の整備をしていた理由について、当時の記事を探したのですが、はっきりとした理由は見つけられませんでした。

しかし、アルロサ航空事故後セルゲイソトニコフ、事故を防いだことによりロシア政府から勲章と賞金をもらいました。

 

セルゲイソトニコフ、この賞金2万ルーブルを「新たなヘリポートの建設の糧にする」と答えています。

 

このことから、セルゲイソトニコフは、イジマ空港の閉鎖後も、復活を夢見て、滑走路の整備を怠らなかったのではないでしょうか?

 

では、アルロサ航空事故で英雄になったセルゲイソトニコフは現在どうしているのでしょうか?

 

※8月8日追記

セルゲイソトニコフは、イジマ空港閉鎖後も空港として、復活すると信じており、その希望がついえた後も、習慣のように滑走路の掃除をし続けたようです。

 

スポンサードリンク

アルロサ航空事故の英雄セルゲイソトニコフの現在は?

 

セルゲイソトニコフは、2018年にインタビューを受けており、現在は奥さんと孫たちと仕事を辞めて、年金暮らしをしています。

 

セルゲイソトニコフがいた、イジマ空港は、アルロサ航空事故の3年後滑走路が壊されてしまいました。

 

セルゲイソトニコフは、そのまま引退してしまったようです。

 

※8月8日追記

セルゲイソトニコフさんは、現在もイジマ空港のそばに住んで、毎日滑走路の掃除をしているようです。

 

スポンサードリンク

アルロサ航空事故の英雄セルゲイソトニコフのまとめ

 

2010年にロシア上空で起きた、アルロサ航空514便の事故で、英雄になったセルゲイソトニコフについて調べてみました。

 

1:アルロサ航空事故とは、2010年にロシア上空で起きた、アルロサ航空514便が故障により、閉鎖されたイジマ空港に不時着し、乗組員を合わせて81人が助かった事故のこと。

2:セルゲイソトニコフは、アルロサ航空514便が、不時着したイジマ空港の整備をしていた人

3:セルゲイソトニコフイジマ空港を整備していた理由は、閉鎖されたイジマ空港の復旧を夢見ていたため。

4:セルゲイソトニコフは現在、奥さんと孫と幸せに暮らしている。

 

セルゲイソトニコフの夢である、イジマ空港の復旧はかなわなかったですが、その夢のおかげで、アルロサ航空514便の81人の命が助かったのは、奇跡的だと思います。

夢を追っていると、自分の理想と違ってもどこかにたどり着くものかもしれませんね。

 

現地の記事から調べたため、間違いなどあると思うので、放送後修正事項があれば随時修正追記したいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。m(__)m