衝撃ニュースシアター
衝撃人物

三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)はオスラー病!?プロフィールを調べてみた!!

 

8月6日の「ザ世界仰天ニュース」は2時間スペシャルで「謎の病と闘う芸能人SP」が放送されます。

その放送の中で、よく鼻血を流す女性アイドルの話が放送されます。

 

予告では、鼻血が出やすい体質だと、自分では思っていたら、輸血をしないと死んでしまう病気という、重病だったようです。

 

今回は、世界仰天ニュースに出演する、謎の病にかかってしまったアイドル、三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)さんについて、謎の病である、オスラー病について、そして三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)さんのプロフィールを調べてみました。

 

スポンサードリンク

オスラー病とは?

 

「世界仰天ニュース」に出演する三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)さんが、かかってしまった病気、オスラー病とはどんな病気なのでしょうか?

 

オスラー病は、難病指定されている病気の1つで、別名「遺伝性出血性末梢血管拡張症」と言われています。

欧米では10,000人に1人、日本では5,000~8,000人に1人の頻度で発症しているようです。

 

スポンサードリンク

オスラー病の症状は?

 

血管に異常が発症し、出血症状が出るようになります。

今回の「世界仰天ニュース」に出演するアイドルの方は、鼻血が出やすい体質ということなので、鼻の血管に異常があったのでしょう。

 

オスラー病の原因は?

 

オスラー病の原因は、遺伝子の異常です。

 

両親からの遺伝もあるということなので、後で紹介する三姿舞(さんしまい)眞珠(ましゅ)さんも両親や、親戚からの遺伝が原因かもしれません。

 

オスラー病は、治療すれば、普通の人と同じ生活が出来ます。

眞珠(ましゅ)さんは、2015年に入院して手術を受けたようなので、おそらく大丈夫なのでしょう。

 

では、眞珠(ましゅ)さんが所属する三姿舞とはどんなグループなのでしょうか?調べてみました。

 

スポンサードリンク

三姿舞(さんしまい)とは?

 

「世界仰天ニュース」に出演する眞珠(ましゅ)さんは三姿舞というアイドルユニットに所属しているようです。

三姿舞(さんしまい)とは、千葉県の流山市を拠点にして活躍するご当地アイドルです。

 

名前のとおり、三姉妹で活躍されており、自分たちで作詞とダンスの振り付けを行っています。

活動は、2010年からと長いですが、2017年になって、株式会社holy islandとマネイジメント契約を結んだという、苦労人の側面もあります。

 

では、「世界仰天ニュース」に出演する三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)さんについて、あと2人のプロフィールと合わせて、調べてみました。

 

スポンサードリンク

三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)のプロフィールは?

 

 

三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)さんは、姉妹の中では、次女のようで、あと2人は姉と妹になります。

年齢は、1992年の1月30日生まれで、現在26歳です。

 

三姿舞(さんしまい)のユニットでは、振り付け担当をしており、基本的に全ての曲のダンスの振り付けを、曲に合わせて行っているようです。

 

スポンサードリンク

三姿舞(さんしまい)の愛未(あみ)のプロフィールは?

 

 

愛未(あみ)さんは、姉妹では、長女で、三姿舞(さんしまい)の総合演出を担当しています。

年齢は、1990年2月1日生まれの、現在28歳です。

 

総合演出とは何か、最初聞いたときはよくわからなかったのですが、自分たちのMVの監督を担当されたりしているようです。

スポンサードリンク

三姿舞(さんしまい)の愛華(あいか) のプロフィールは?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . 今日はいつもと違う衣装👗👠 . #三姿舞 #三姉妹 #姉妹 #sister #girl #fun #live

三姿舞 愛華さん(@aikaaa_s2)がシェアした投稿 –

 

愛華さんは、姉妹の三女で、三姿舞(さんしまい)では、MCを担当しているようです。

 

年齢は、1997年の4月9日生まれで、22歳になります。 

 

スポンサードリンク

三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)とオスラー病のまとめ

 

8月6日に「世界仰天ニュース」に出演する三姿舞(さんしまい)の眞珠(ましゅ)さんについてまとめました。

 

1:オスラー病とは、5000~8000人に一人の割合で発症する血管が異常となり、出血する病気

2:オスラー病の原因は遺伝子の異常。治療は可能。

3:三姿舞(さんしまい)は、千葉県流山市出身の姉妹で結成されたアイドルユニット

 

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。