衝撃ニュースシアター
衝撃!!世界の日本の事件

中川浩(科学の教室)の改革とは?学研のおばちゃんはどうなった?廃刊理由は?

「科学の教室」が休刊になった理由は?

 

こうして「科学の教室」は

中川浩さんの努力の甲斐もあり

300万部を売り上げる超人気雑誌になりました。

 

しかし、2010年に休刊になってしまいます。

 

その理由は大きく二つあります。

 

1:訪問販売が上手くいかなくなった

 

「科学の教室」は、当初は学校に

訪問して販売していました。

 

その理由は、学研が創業当時

書店では在庫を恐れて扱ってくれなかった

からです。

 

その流れは消費者基本法により

学校への訪問販売が出来なくなった

あとも続きました。

 

こんどは、各家庭への本問販売を

「学研のおばちゃん」として

続けていきます。

 

しかし、「学研のおばちゃん」も

次第にインターフォンで断られる

ようになっていきました。

スポンサードリンク

2:少子化

少子化により、購読者が

減ったことに加えて、子供の

習い事が増えたことで、「科学の教室」

を読んだり、実験をする時間が

無くなったことも1つの原因のようです。

 

中川浩のまとめ

 

「奇跡体験アンビリバボー」

特集される「科学の教室」

中川浩さんについてまとめてみました。

 

中川浩さんは、「科学の教室」を

300万部売り上げる雑誌にするため

1:6誌体制に変更

2:付録をつける

3:運搬方法を変更

といった改革を行いました。

 

また、「科学の教室」は

・販売方法が時代に合わない

・少子化

により、2010年に休刊に追い込まれました。

 

 

「科学の教室」の付録については

科学の教室の付録をまとめてみた!!どんな付録があったの?最初の付録は? 出典:「学研の科学」50年史 4月24日の「奇跡体験アンビリバボー」 で、雑誌『科学の教室』が300万部も ...

 

約束のピアノとは?成田正幸さんの感動の演奏動画【アンビリバボー】※4月11日追記 4月11日の「奇跡体験アンビリバボー」 では、【アナタならどうする?運命を変えた決断SP】 ...
1 2