衝撃ニュースシアター
衝撃!!世界の日本の事件

ケニアショッピングモール襲撃・ウォルトン家の生還劇!!今現在のキャサリンは?

 

※7月13日追記

 

7月13日の「土曜プレミアム」で

放送されるケニアショッピングモール襲撃

事件の話について、放送されます。

 

ケニアショッピングモール襲撃事件とは

2013年に、ケニアの首都ナイロビで起きた

テロ事件です。

 

この記事では、ケニアで起きたテロ事件

でアメリカ人のウォルトン家が、生還した

話をまとめました。

 

スポンサードリンク

ケニアショッピングモール襲撃事件とは?

 

出典:AFPBBNEWS

 

2013年に起きたケニアの首都ナイロビで

起きたテロ事件です。

 

イスラム系組織が、ソマリアからのケニア軍の

撤退を求めて、アメリカ人とユダヤ人の店が

集まる、高級ショッピングモールを襲撃しました。

 

9月21日の午前から、23日午前まで事件が続き

24日の夜に、大統領が終結宣言を出しました。

 

民間人61人と兵士6人が死亡、240余人の死傷者

が生じました。

 

何となく、6年前有名になったことを

覚えています。

 

ですが、アメリカ人の家族の救出については

全く知らなかったので、調べてみました。

 

スポンサードリンク

ケニアショッピングモール襲撃:アメリカ人ウォルトン家とは?

 

アメリカ人のキャサリンウォルトン

さんが、ノースカロライナ州から

ケニアの首都ナイロビに引っ越したのは、

事件の2年前、2011年でした。

 

彼女の夫フィリップは事件の時

ケニアから遠く離れたアメリカにいました。

 

キャサリンウォルトンは、1歳の娘を含む

5人の子供と、ケニアにいたのです。

 

そして、ケニアの高級ショッピングモールで

5人の子供とテロ事件に遭遇したのです。

 

頼れる人がいない状態で

外国にいたということで、

弱り目に祟り目の状態だったようです。

 

スポンサードリンク

ケニアショッピングモール襲撃:ウォルトン家が助かった理由は?

 

襲撃が起こった時、銃撃と

手りゅう弾の音がショッピングモールに

響き渡りました。

 

ウォルトン家は、2人の息子は離れた

スーパーにいて、キャサリンさんのそばには

4歳と、2歳、1歳の娘がいました。

 

 

1歳の娘は、銃撃音に驚いて泣き叫びましたが

何とか腕を引っ張って、テーブルの後ろに隠れ、

眠ってくれました。

 

4歳と2歳の娘は、携帯のゲームを与え

小康状態に持って行ったようです。

 

テロに遭遇し、幼い娘が3人という

絶望的な状態。

神様を呪いたくなる状況だったことでしょう。

 

スポンサードリンク

ケニアショッピングモール襲撃:アブドゥルハジの登場

 

ショッピングモールが襲撃されたことを

聞いて、ケニア人も動いていました。

 

彼の名前は、アブドゥルハジ

ケニアの前防衛大臣の息子です。

 

アブドゥルハジは、彼の兄がショッピングモール

に閉じ込められたと聞いて、父親から習った

銃の腕を使い、救出にあたりました。

 

そして、キャサリンウォルトンと、3人の

娘を銃撃戦のさなかで見つけたのです。

 

スポンサードリンク
 

ケニアショッピングモール襲撃:ウォルトン家の脱出

 

出典:TheTelegraph

 

アブドゥルハジは、キャサリンウォルトン

脱出するように、伝えました。

 

しかし、娘3人を抱えて

走ることは出来ません。

 

そこで、キャサリンウォルトン

自分が、彼女の娘を抱えて走るので、

娘を励ましてほしいと伝えました。

 

すると、彼女の一番上の4歳の娘が

自分から、アブドゥルハジに向かって走り出したのです。

 

その瞬間の写真は、ロイターのカメラマン

に撮影され、世界中で話題になりました。

 

これは、ウォルトン夫妻にとっても

予想外の出来事だったと証言しています。

 

 

この行動は、周りにいた全員に勇気を与えました。

ちいさな女の子が、混乱した状況の中

泣くこともせず、銃を持った男性に自分から

近寄っていったのですから

 

キャサリンウォルトンと、3人の娘は

ショッピングモールを脱出し、そこで

2人の息子と再会しました。

 

こうした、ギリギリの状況では、子供の

ほうが、意外と動けるのかもしれません。

 

次ページ:番組放送後、脱出劇を修正しました。

1 2