衝撃ニュースシアター
衝撃!!世界の日本の事件

ジェシカバルクレーが強盗にトランク監禁され助かった方法は?:ワールド極限ミステリー

アメリカヒューストン、車のトランクに監禁されたジェシカが助かった方法は?

 

10月14日放送「ワールド極限ミステリー」

その放送で、アメリカヒューストンで起きた監禁事件で少女がどうやって助かったのか?放送があります。

2006年に起きた事件。一体どんな事件だったのでしょうか?

スポンサードリンク

ジェシカバルクレーの事件とは?

 

ジェシカバルクレーは、2006年の当時。アメリカヒューストンでお気に入りのバンドの演奏を聴くため、店に来ていました。

しかし、あいにく目当てのバンドが演奏せず、別の店に行くことに決めました。

 

その道中で不審な車を見つけました。

閑静な住宅街に停めてある車、中に誰かいるのか?と近づくと…

 

刃物を持った男が出てきて、トランクに引きずり込まれました。

スポンサードリンク

ジェシカバルクレーがトランクに監禁されて助かった方法は?

 

ジェシカバルクレーが助かった理由は2つあります。

1:携帯電話が見つからなかった。

 

ジェシカは携帯を持っており、閉じ込められてすぐ911に電話しました。

オペレーターはヘリコプターとパトカーの手配を行い、ジェシカに現在の場所を伝えるように連絡しました。

 

話声が強盗犯に聞かれたときは、「お祈りの声」と言ってごまかし、ジェシカが携帯を持っていることはバレませんでした。

 

スポンサードリンク

2:監禁された車種が特定できた。

 

携帯電話の電波局から、ある程度の位置は把握できました。

しかし、具体的な位置はわかりません。

 

また、車が停まったところで携帯電話が切れてしまいます。

何とか連絡がついたところで、オペレーターはジェシカの情報を頼りに車種を特定します。

 

これにより、中からトランクを開けることができたのです!!

 

警察はジェシカの位置を大体把握していたので、ジェシカに対して

ヘリコプターの音が聞こえたら、トランクから外に出て、標識を見つけて、現在地を教えるように頼みます。

 

この作戦により、ジェシカは無事保護されました。

 

スポンサードリンク

ジェシカバルクレーがトランクに監禁されて助かった方法のまとめ

 

ジェシカバルクレーさんが、2006年にアメリカヒューストンで起きた、トランクに監禁された事件。

助かった理由は

ジェシカバルクレーが助かった理由

1:携帯が強盗犯に見つからなかった。

2:監禁された車種が特定できた。

 

ジェシカバルクレーさんが行動できたのは、前提として”オペレーターの人が優秀だった”からでしょうね。