衝撃ニュースシアター
衝撃!!世界の日本の事件

ジョーイフィッシャー事件と祈祷師の関係!犯人の現在は?:アンビリバボー

 

6月4日の「奇跡体験アンビリバボー」では、アメリカのテキサスで起きた男子高校生が帰らぬ人となった事件が放送されます。

この事件の特徴は、ただ亡くなっただけではなく、裏で祈祷師が出てきたことです。

事件と祈祷師にどんな関係があるのでしょうか?

シアターくん
シアターくん
番組では祈祷師って訳されていましたが、原文では占い師と書かれていました。
管理人
管理人
まあ、同じようなものだよ。

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件の登場人物

 

シアターくん
シアターくん
外人の名前なんて覚えられないって人に、登場人物の名前を最初にまとめておきます。

ジョーイフィッシャー:男子高校生

クリスティーナ:ジョーイの元カノ

シスネロス:クリスティーナの母親

マルティネス(祈祷師):メキシコ系の祈祷師

ガーザ:マルティネスの顧客

 

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件とは?

 

出典:Wikipedia

 

1993年3月3日に、テキサス州の名門私立学校セントジョセフアカデミーに通う高校生のジョーイフィッシャーが、自宅ガレージ前で倒れていると通報がありました。

警察が調べたところ、ジョーイは銃で撃たれたことがわかりました。

管理人
管理人
高校生が銃で撃たれるなんてある?とも思うけどアメリカならあるかも。

 

ジョーイの友人に聞いたところ、彼は品行方正で友達も多く、男女共に慕われる人間で、恨んでいるような人間には心当たりないというのです。

ジョーイの人柄や、お金持ちだったこともあり、事件はマスコミの注目を集めました。

 

警察は当初、父親の仕事の関係者が怪しいとにらんでおり、犯人の目星がつかないと、殺し屋が間違って殺したのでは?と考えるようになりました。

管理人
管理人
事件が注目を集めるのも賛否両論なんだね。

安易な結論を出しやすくなることは知っておいたほうがいいかも

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件の捜査

 

当初は、ジョーイは間違って殺されたと考えていた警察ですが、ジョーイが犠牲になった現場には、名刺が残されていました。

その名刺は「保釈保証会社」のもので、”214”と手書きで書かれていました。

管理人
管理人
「保釈保証会社」って何?
シアターくん
シアターくん
逮捕された被疑者の保釈金を立替る会社のことです。

 

警察が”214”と書いたのが、犯罪組織の運営にも関わりのあるルディーという男だと突き止めました。

しかし、ルディーは書いたことを認めたものの、名刺はガーザという男に渡したというのです。

 

警察がガーザを取り調べたところ、ガーザは殺人の依頼をしたことを自白しました。

管理人
管理人
なんで殺し屋に、高校生のことを頼むの?
シアターくん
シアターくん
それが、この事件を複雑にしたのです。

 

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件の犯人は誰?

 

ガーザは、警察からの取り調べで、祈祷師のマルティネスに頼まれたと自白し、警察への捜査協力に同意しました。

警察はマルティネスを逮捕し、事件を取り調べると

ジョーイの元カノのクリスティーナの母親、シスネロスから頼まれたと自白しました。

 

シアターくん
シアターくん
こういうこと↓です。

シスネロス⇒マルティネス(祈祷師)⇒ガーザ⇒殺し屋

 

管理人
管理人
なんで元カノの母親が出てくるの?

 

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件の犯人の動機は?

 

シスネロスは、ジョーイと娘のクリスティーナの結婚を望んでおり、二人が別れたことを不満に思っていました。

シアターくん
シアターくん
シスネロスはジョーイに500ドル(約5万)で復縁するように頼んでいました。

 

しかし、ジョーイが了承せず、新しい彼女を作ると、祈祷師のマルティネスにジョーイを呪うように頼みました。

シアターくん
シアターくん
マルティネスは「出来ない」と断りました。

 

するとシスネロスは、3000ドルでジョーイの殺害を依頼したのです。

シアターくん
シアターくん
シスネロスは、前夫を亡くしてから、メキシコの祈祷に縋り、狂気的に陥っていたという話もあります。
管理人
管理人
どうしてガーザはマルティネスの頼みを聞いたの?
シアターくん
シアターくん
ガーザの息子が筋ジストロフィーで、マルティネスに息子を救ってもらいたいと思ったからのようです。
管理人
管理人
そっか。

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件の犯人の現在は?

 

ジョーイフィッシャー事件祈祷師マルティネスは懲役20年の刑罰を受けました。

その後、2001年に釈放され、すでに亡くなっています。

 

・殺し屋に依頼したガーザは、刑務所で終身刑を受けました。

信心深いカトリック教徒になった彼は、仮釈放の資格がくるのは2028年6月のようです。

 

・最初に祈祷師に依頼したシスネロスは、1994年の裁判で懲役刑を受けましたが、事件との関係性を示す証拠がないと、保釈されます。

しかし、1998年の裁判では終身刑を宣告され、2008年には控訴を棄却されています。

管理人
管理人
証拠は見つかったの?
シアターくん
シアターくん
祈祷師と話しているテープや、お金をおろした事実は見つかりましたが、決定的な証拠は見つかりませんでした。

 

そして、実行犯の男は、メキシコに逃げていきましたが、アメリカとメキシコで犯罪者を引き渡す条約を結んでいなかったので、アメリカでは裁かれず、メキシコで15年の懲役をうけました。

スポンサードリンク

アンビリバボー:ジョーイフィッシャー事件のまとめ

 

「アンビリバボー」で放送されるジョーイフィッシャー事件についてまとめました。

シアターくん
シアターくん
シスネロスは、娘がジョーイにレイプされたと信じていましたが、そんな事実はありませんでした。
管理人
管理人
理不尽な目にあったってことだね。
ジョーイフィッシャー事件のまとめ

1:ジョーイフィッシャーは、自宅前で銃の犠牲となった。

2:犯人は元カノの母親シスネロス。

3:シスネロスは、祈祷師に頼み、祈祷師からガーザに、ガーザから殺し屋に依頼された。

4:シスネロスとガーザは終身刑、祈祷師は懲役20年ですでに亡くなっている。

 

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました