衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

林修の今でしょ講座でレアコインベスト3は?チェック方法を紹介

 

6月4日の「林修の今でしょ講座」で

令和になって、新紙幣が発行されること、

そして、身近でみつかるレアコインのチェック方法

についてまとめました。

 

この記事では、「林修の今でしょ講座」で

紹介されたレアコインのチェック方法について

紹介します。

 

スポンサードリンク
 

【林修の今でしょ講座】レアコインのチェック方法

 

 

10円玉①

 

昭和61年の10円玉は5万円です。

 

 

5円玉

 

アナがずれた5円玉は5万円です。

 

紙幣①

 

お札に刷られたアルファベットと

数字の羅列があります。

 

その羅列で、アルファベットのAで

挟まれた数字は、価値が高くなります。

 

スポンサードリンク

紙幣②

 

紙幣の、数列がゾロ目だと価値が

跳ね上がります。

 

1万円札で、1のぞろ目だと

2万5千円になります。

 

 

10円玉②

 

昭和64年の10円玉は50円になります。

 

 

スポンサードリンク

【林修の今でしょ講座】レアコインベスト3は?

 

 

レアコイン第3位

 

平成13年100円玉

 

700円の価値があります。

 

レアコイン第2位

 

昭和33年のギザ10

 

200円の価値があります。

 

 

レアコイン第1位

 

昭和61年の10円玉

 

5万円の価値があります。

 

 

昭和61年の10円玉は、前期と後期に分かれており

後期の10円玉になります。

 

後期と前期は、平等院鳳凰堂の屋根の形が異なっています。

 

後期の10円玉の方が屋根がとがっています。

 

出典:Twitter

 

スポンサードリンク

【林修の今でしょ講座】レアコインのまとめ

 

「林修の今でしょ講座」で

レアコインについての特集をまとめました。

 

レアコイン第3位は平成13年100円玉

レアコイン第2位は昭和33年のギザ10

レアコイン第1位は昭和61年の後期の10円玉です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。