衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

不惑のスクラムのロケ地はどこ?モデルとなったラグビーチームが存在している!!

皆さんこんにちは。

毎週土曜日20時15分からNHK系列で放送されている「不惑のスクラム」

刑務所から出所し、自暴自棄になっていた男が、偶然入ったラグビーチームで仲間と心を通わせて、別れた家族と再会するまでの物語です。

 

今回は、このドラマのロケ地がどこなのか、そしてモデルとなったラグビーチームはいるのか、について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク
 

1.原作は東京だが、ロケ地は大阪?

「不惑のスクラム」の原作は東京です。

 

しかし、今回のドラマではNHK大阪放送局が制作しているため、ロケ地も大阪などの関西で撮影されているようです。

 

具体的には、淀川公園赤川地区サッカーグラウンド、大阪市立美術館前、大阪府大東市役所といったところで撮影をしていたようです。

 

Twitterなどで目撃情報も上がっているので、気になった方は探してみてはどうでしょうか。

 

関西にはラグビーで有名な花園ラグビー場がありますし、神戸製鋼ラグビーにはスーパースターであるダン・カーター選手が所属しています。

そういったラグビーが盛んな土壌があったため、大阪で制作されることになったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

2.ラグビーチームにはモデルがいるのか!?

 

「不惑のスクラム」で主人公が入ることになるラグビーチームは「大阪淀川ヤンチャーズ」と言います。

※原作では「大江戸ヤンチャーズ」

 

では、そのモデルとなったチームはいるのでしょうか?

 

 

答えは…存在します。

 

作者である安藤祐介さんは、「不惑のスクラム」を書くにあたって、実際に活動している

不惑ラグビーチーム ムテッポーズ「Muteppos」で取材を行っています。

 

ムテッポーズのメンバーをもとにしたキャラクターもいるようです。

 

不惑ラグビーとは、不惑、つまり40歳を超えた方たちが集まって、ラグビーチームを形成することです。

 

ラグビーは、体力のある人たちや、体格の良いひとがやるスポーツというイメージがあります。

ただ、そんな常識にとらわれずに好きだからやる、やりたいからやるというのは非常に格好良く見えますし、一度見てみたくなりました。

 

スポンサードリンク
 

3.まとめ

 

1.「不惑のスクラム」は原作は東京だが、ドラマは大阪を舞台にしており、大阪でロケをしている。

 

2.モデルとなったラグビーチームは東京で現在も活動中のムテッポーズ「Muteppos」

 

以上となります。

 

来年にはラグビーワールドカップ2019が日本で開催され、ラグビーイヤーとなることは間違いないでしょう、原作の「不惑のスクラム」は面白いという感想が多いですし、ドラマも見ごたえがあるという意見が多いです。

 

これを機にラグビーについて調べてみるのもいいかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました