福岡県筑紫野市の削りすぎで崖になった場所はどこ?不動産会社の対応は?

7月11日の「スッキリ」で

福岡県筑紫野市で、不動産会社が

住宅の裏側で、工事のため、森を削ったが

工事が始まらず、崖のようになっている

という状況になっていると報道されました。

スポンサードリンク

崖になっているのはどこ?福岡県筑紫野市

今回報道された、崖になっている場所は

どこなんでしょうか?

現状は、このようになっています。

この場所は、福岡県筑紫野市阿志岐に

あります。

出典:グーグルマップ

近くに小学校もあるので、今後大雨で

崖崩れが起きないか、不安ですね。

スポンサードリンク

福岡県筑紫野市崖になった経緯は?

この場所が崖になった経緯は

こちらです。

2014年に不動産会社が、住宅地を作るため、山を削り始める。

当初は、もともとの住宅地から、少し削る予定だったのに、なぜか崖のようになった。

不動産会社からは、何も説明がなく、工事も一向に進まない。

住民から、筑紫野市を通して、不動産会社に質問したところ、「土砂災害を防ぐために削った」と回答があった。

ということで、住宅地開発から

崖崩れの防止に、目的が転じています。

元々は、住宅地にしたかったが、出来なかったが

それがわかったのは、崖を削った後だった。

だから、そのまま放置している。

というのが理由でしょう。

スポンサードリンク

福岡県筑紫野市削りすぎて崖にした不動産会社とは?

ニュースでは、名前は出てきませんでした。

しかし、その放送のなかで、

工事をしたのは下請けで、上に元請け

の会社がいるのでは?といった発言があったので

結構大きな会社なのかもしれません。

今後、住民に説明会を開く予定のようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 報道に疑いの目を より:

    元々は住宅地にしたかった
    と、記事にありますが、山を宅地にする場合、宅地開発の許可が必要で、その場合役所が介入できるはずです。
    役所が民間同士の事象で介入できないという立場を表明しているため、初めから宅地開発が目的ではなかったのは明確ですね。
    会社名も公表されてない事から名誉毀損等に抵触する可能性がある為、記事の更新にも注意が必要です。