衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

野村周平がラッパーアナーキーの監督作品に主演!!アナーキーの凄すぎる生い立ちとは!

11月16日に俳優の

野村周平さんが、アナーキーさん

の初監督作品「WALKING MAN ウォーキング・マン」

に主演することがわかりました。

 

「WALKING MAN ウォーキング・マン」

 

 

今回は、監督であるラッパーのアナーキーさんに

ついて調べてみました。

 

スポンサードリンク
 

 

 

日本のラッパーの第一人者!!アナーキーとは

 

出典:CINRA.NET

 

本名 北岡健太

生年月日 1981年9月2日(37歳)

出身   日本・京都市伏見区向島(生まれは大阪府)

 

 

こちらがアナーキーさんのプロフィールです。

 

アナーキーさんは、15歳のときに、Zeebraさん

を見て、ラップを始めました。

 

しかし、小学生のときに両親が離婚し、決して

裕福とはいえない環境であり

 

暴走族に入っていた時期もあるようです。

 

16歳のときには、暴走族の総長を務めており

「決闘罪」という罪で、少年院に送致されたことも

あったようです。

 

 

現在は、ラッパーとしてメジャーデビューも

しており、日本のラッパーの第一人者として

活躍をされています。

 

出典:amazon.co.jp

 

 

スポンサードリンク
 

「WALKING MAN ウォーキング・マン」の内容とは?自伝的映画!?

 

今回の、初監督作品

「WALKING MAN ウォーキング・マン」

は極貧の母子家庭で育ち、幼少期から吃音(きつおん)症と

コミュニケーション障害を抱えた青年がラップ音楽と出会い

はい上がっていくストーリーです。

 

野村周平さんは、吃音とコミュニケーション障害を持つ主人公の

アトムを演じます。

 

アナーキーさんは、この映画で伝えたいこととして

若者たちが、一歩踏み出す勇気が持てる映画にしたい。多くの人たちが心にしまっている言葉、『ありがとう』『愛してる』。口から出して伝えたくなるような作品になると思っています

 

とコメントを発表しています。

 

アナーキーさんの、幼少期をから考えると、自伝的な

内容も含めつつ、現代の若者にメッセージを送る。

そんな映画になると思います。

 

 

まとめ

 

主演の野村周平さんは、吃音症とコミュニケーション

障害を抱えた役を演じるということで、非常に難しい役

なののではないかと思います。

 

ただ、野村さん本人は、アナーキーさんと面識があり、今回の映画

へのやる気も十分なので、期待できるものになるのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。