衝撃ニュースシアター
衝撃!!ニュース情報

【新情報】明石市長はパワハラじゃなかった?誰が録音したの?

2017年の6月に明石市の泉房穂市長

が部下に対してパワハラ発言をした

問題で、パワハラではなかった

という情報が出てきました。

 

スポンサードリンク

明石市長のパワハラ発言の経緯

 

事件は、JR山陽線明石駅に近い

国道2号の拡幅工事に伴う

用地買収の際に起こりました。

 

この用地買収は2012年から

始まったのですが、2017年

まで、交渉が進んでいませんでした。

 

そのことに、明石市長が激高し

「立ち退かしてこい、お前らで。きょう火つけてこい、行ってこい、燃やしてこい、今から建物。損害賠償は個人で負え!」

 

このように、暴言を

吐いたのです。

 

では、なぜ明石市長は

暴言を吐いたのでしょうか?

 

スポンサードリンク
 

なぜ明石市長はパワハラ発言をしたのか?

 

実は、今回用地買収を

行っていた地域は

死亡事故も含めて

多数事故が発生する箇所

だったのです。

 

また、用地交渉で重要な

相手への金額提示が

行われていなかったのです。

 

こうした

計画的に事業が進んでいない

ことに関して、

明石市長が激高したのです。

 

ただ、明石市長は

もともと暴言を吐く傾向が

あったとのことです。

 

 

【NEXT明石市長の発言は暴言じゃなかった!?】

 

1 2