衝撃ニュースシアター
衝撃人物

松崎順一(カセットテープ)の店の場所やwikiプロフ・経歴は?:マツコの知らない世界

 

12月10日の「マツコの知らない世界」で、”カセットテープの世界”が放送されます。

進化したカセットテープに、マツコさんが驚くという内容になりそうです。

その”カセットテープの世界”で、マツコさんにプレゼンをするのが松崎順一さんです。

管理人
管理人
松崎順一さんってどんな仕事をしているのかな?どうしてその仕事をしているのかな?
シアターくん
シアターくん
松崎順一さんについて調べてみましょう。

スポンサードリンク

松崎順一(カセットテープ)のwikiプロフは?:マツコの知らない世界

 

出典:マツコの知らない世界HP

名前:松崎順一

年齢:59歳(2019年12月現在)

生年月日:1960年8月16日

出身地:東京都

職業:家電蒐集家

 

松崎順一さんの仕事は、家電関係のイベントプロデュースと、百貨店やお店の装飾・ディスプレイの依頼。

他にテレビドラマの家電の演出依頼や、WEBの連載などです。

 

松崎順一さんが監修した朝ドラ「ひよっこ」

出典:オリコンNEWS

 

管理人
管理人
松崎順一さんの職業の”家電蒐集家”って何て読むの?
シアターくん
シアターくん
「かでんしゅうしゅうか」と読みます。意味は「収集」と同じようです。

スポンサードリンク

松崎順一(カセットテープ)の経歴は?:マツコの知らない世界

 

12月10日の「マツコの知らない世界」に出演する松崎順一さんはどうして家電蒐集家になったのでしょうか?

松崎順一さんは、子供のころから家電に興味があり、中学の時はオーディオ、高校の時はアマチュア無線に興味がありました。

シアターくん
シアターくん
松崎順一さんはアマチュア無線で海外の人と話をしていたので、英語がペラペラのようです。

その後はデザインの専門学校に入学し、卒業後はデザイン系の会社に就職しました。

 

しかし、37歳で交通事故に遭い、全治6ヶ月の背骨を折る大怪我をしてしまいます。

事故で入院している間、自分の人生について考え、会社でこのまま管理職のポジションにいるよりも、現場で仕事をしたいと考え、脱サラしました。

管理人
管理人
42歳での脱サラだから、相当怖いだろうね。

 

何を仕事にするか考えた時、オーディオが好きだったことを思い出し、古いラジカセを販売しました。

しかし、5年間泣かず飛ばずで困っていた時、千葉市のこども科学館からディスプレイの依頼が来ました。

その実績により仕事が増え、伝手から本も出せるようになり、今に繋がったようです。

スポンサードリンク

松崎順一(カセットテープ)の店の場所は?:マツコの知らない世界

 

松崎順一さんは、オーディオの修理や販売、買取も行っており、そのために「DesingUnderground」という工場を持っています。

しかし、工場は基本的に開いておらず、ネットを通じてやり取りをしているようです。

 

ちなみに、住所はこちらです。

郵便番号:〒121-0062

住所:東京都足立区南花畑5丁目15−14 都営保木間第5アパート14号棟

出典:「DesingUnderground」HP

スポンサードリンク

松崎順一(カセットテープ)のまとめ:マツコの知らない世界

 

12月10日の「マツコの知らない世界」に出演する松崎順一さんについてまとめました。

松崎順一さんは前職で、家電の配置やインテリアなどの仕事をしており、その経験が今に生きているようです。無駄な仕事はないのかもしれませんね。

松崎順一のまとめ

1:松崎順一は家電蒐集家(かでんしゅうしゅうか)

2:松崎順一は店を持っておらず、工場はあるが基本的には人は入れない。

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。