衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

ポツンと一軒家三重の庭師東よしみさんの家の場所は大体どこ?

 

3月15日の「ポツンと一軒家」では、三重県の一軒家が特集されます。

毎回捜索隊がガチンコで一軒家を捜索する番組ですが、今回はどんな物語が放送されるのでしょうか?

この記事では3月15日放送の「ポツンと一軒家」の三重県の家が大体どこにあるかをまとめてみました。

 

ポツンと一軒家三重県の予告とは?

 

三重県では、巨大ソーラーパネル施設のある集落から捜索を開始。地元に詳しい人に話を聞くと、大きな庭を造る年配の男性が住んでいて、男性が亡くなった後は家族が家の管理をしているという。
地元の人の案内で一軒家に到着すると、そこにはきれいに整備された遊歩道があり東屋も建っている。まるで庭園のような敷地に建っていた一軒家とは……

出典:MANTANウェブ

 

庭園のような敷地ということは、お金持ちの方なんでしょうか?

ゲストの成田凌さんは、プールがある家や牛を飼っている農家と予想していました。

 

一体どうなのでしょうか?

スポンサードリンク

ポツンと一軒家三重県のヒガシさんとは?

 

「ポツンと一軒家」で捜索隊が地元の人に聞いたところ、既に亡くなっているヒガシさんという方の家だとわかりました。

ヒガシさんは、造園業をしており息子さんがいるようです。

 

捜索隊はヒガシさんの家の近くまで連れてきてもらいました。

スポンサードリンク

ポツンと一軒家三重県の造園をしている東よしみさんの家はどこ?

 

南伊勢町(旧 南勢町)やんか!! 方言がめっちゃ馴染み深い!笑

 

南伊勢町だと予想している人が多数いました。

出典:グーグルマップ

 

放送後、場所が詳しくわかれば追記します。

スポンサードリンク

ポツンと一軒家三重県の造園をしている東よしみさんとは?

 

東好(よしみ)さんは、大正14年生まれで、戦争も経験し、激動の人生を送ったようです。

ポツンと一軒家には、家から見る景色を気に入って移住したようです。

生前は70歳からカラオケにハマり、80歳からは自分で公園を作るなどアクティブな人生を過ごされたようです。