衝撃ニュースシアター
衝撃㊙情報

ノンフィクション小澤社長(北洋建設)の経歴や余命3年の難病の症状について

 

4月5日の「ノンフィクション」では、北海道の北洋建設の社長である小澤輝真さんへの密着取材が放送されます。

小澤社長は、全国的にも珍しい元受刑者、いわゆる前科のある人を会社に雇っている人です。

管理人
管理人
そういう面倒なことに手を出す人はなかなかいないから、凄いよね
シアターくん
シアターくん
考えても躊躇しちゃいますよね

 

そんな取り組みを続けている小澤社長ですが、余命3年と言う難病にかかっていることがわかっています。

難病にかかりながらも、受刑者への支援の手を辞めようとしない小澤社長とはどんな人なのでしょうか?

スポンサードリンク

北洋建設の小澤社長の経歴とは?:ノンフィクション

 

出典:flier

名前:小澤輝真(おざわてるまさ)

年齢:45歳(2020年4月現在)

出身地:北海道

 

小澤社長は、北洋建設の跡取りとして生まれ、18歳で北洋建設に入社しています。

その後、2013年の39歳の時に社長に就任しています。

元受刑者を受け入れる活動については、法務大臣に面会して提言したり、受刑者のことを知るために大学院に入学したりと、心血を注いでいます。

シアターくん
シアターくん
北洋建設は創業以来500人の元受刑者を受け入れてきたみたいです。
管理人
管理人
どうしてそんなことをしているのかな?

スポンサードリンク

北洋建設の小澤社長が元受刑者を受け入れる理由とは?:ノンフィクション

 

小澤社長が、元受刑者を受け入れる活動に力を入れるようになったきっかけは、自身の苦いころの体験がきっかけのようです。

 

シアターくん
シアターくん
小澤社長には高校を中退して働こうと思ったけれど、髪もピンクで雇ってもらえなかった経験がありました。

そこから”見た目や学歴、経歴で判断される社会”に疑問を抱き、力を注ぐようになったのです。

管理人
管理人
自分と同じような人を救いたいんだろうね。

 

スポンサードリンク

北洋建設小澤社長の余命3年の難病の症状とは?:ノンフィクション

 

小澤社長は「脊髄小脳変性症」という病気にかかっています。

 

脊髄小脳変性症とは、小脳の一部が病気になった状態のことです。

症状としては

主な症状は、起立や歩行がふらつく、手がうまく使えない、喋る時に口や舌がもつれるなどの症状

出典:難病情報センター

 

小澤社長は、現在は車椅子で生活を送っています。

シアターくん
シアターくん
実は小澤社長のお父さんも同じ病気にかかって亡くなっています。
管理人
管理人
遺伝ということだね。

スポンサードリンク

ノンフィクションに出演小澤社長(北洋建設)のまとめ

 

4月5日の「ノンフィクション」に出演する「北洋建設」小澤社長についてまとめました。

元受刑者を積極的に受け入れていますが、そのうち8割は仕事を辞めてしまうと苦労も語っていました。

管理人
管理人
仕事によって合う合わないはあるしね。やっぱり

 

あとどのくらい活動を続けられるかわかりませんが、小澤社長はやり続けるのでしょう。

小澤社長(北洋建設)のまとめ

1:小澤社長は18歳で父親の北洋建設に入社、39歳で社長に就任

2:小澤社長が元受刑者を受け入れるのは、自身の若いころの体験がきっかけ

以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。